記事一覧

SEO対策を行わないということは

営業マンが会社にいないことと同じだと思ってくださいという紹介をしていました"SEO対策について調べていると、あるサイトで、SEO対策を行わないということは、営業マンが会社にいないことと同じだと思ってくださいという紹介をしていました。
そのサイトを見てみると、例えば、これからネット営業を行っていこうと考えて、あなたの会社でホームページを立ち上げても、そのままでは、倒産寸前の営業マンがいない会社とまったく同じ状態なのですということでした。
また、インターネットの場合は、検索エンジンからのお客様が、全体の8割以上を占めますということで、ブログなどで集客を行っていない限りは、通常は検索エンジンでお客様を集めることが一般的ということでした。
そのため、あなたがSEO対策を行わないということは、一切ネット営業を行っていないのと同じであり、商品を営業マンなしで売ろうとしていることと同じだと思ってくださいということでした。

リンク集ブログはSEO対策の宝庫なのか

よくリンクを沢山並べたリンク集のようなブログがありますが、あれは歴きとしたSEO対策だと思いました。そしてリンクが沢山あるので、SEO対策の宝庫のように思えますが、どうなんでしょうか。

リンクを貼ればそれだけ外部と繋がる回数が増えますから、それはSEO対策として成り立っていると思うのですが、リンク集のようなサイトは本当に羨ましいと思っています。

毎日更新することもないし、写真掲載や日記を書くこともないので、ブログとしては楽に出来ると思いました。そしてSEO対策もバッチリ出来ていると思うので、上手く考えたブログだと思います。

自分もそのようなブログを作りたいですが、今あるブログだけで精一杯なので、作る気力は今現在はありません。今のブログを終えたなら新たにやってみたいと考えています。

ブログで最低限心がけたいSEO

最近では、サイト内コンテンツとしてのブログではなく、ブログをサイトがわりとしてSEO対策を行い、検索上位表示を目指すというパターンも増えています。ブログのメリットはなんといっても更新のしやすさです。いちいちコンテンツページを追加するよりも手軽で、それだけでも書き続けようという気がおこりますから、テキスト量がものをいうロングテールSEOの観点からも、効果的といえます。

ただ問題は、その「書き続ける」ということに対して、SEOの鉄則といわれている「1テーマ」が縛りになりやすいという点です。1ブログ1テーマが有利だということはわかっていても、1テーマのブログを更新し続けるのはかなり困難なのが現実です。

その場合は、ブログ内でのカテゴリー分けをしっかり行うことで対策することができます。違うテーマの記事が同じページに表示されることがないよう、ページ分けも行うとよいでしょう。

被リンクを求めるなら下手なプログラムは逆効果になる

サイトのコンテンツを充実させるために、サイト内部にプログラムを組み込む方も多いのではないでしょうか。
近年、プログラムの開発言語には簡易的なものが登場してきており、誰でも気軽に開発が出来るようになっています。
しかし、その影響で検索エンジンに対して良くない評価を与えてしまうこともあるということを忘れてはいけません。

中途半端なプログラムを利用してしまいますと、サイトの表示スピードが著しく落ちてしまう結果になってしまいます。
サイトが重たくなってしまいますと検索エンジンからの評価も下がってしまいますので、本当に良くありません。

これは被リンク獲得時にも同じことが言えます。
相手サイトがプログラムの表示によって重たくなってしまっているのであればそのようなサイトは避けて通るべきでしょう。

SEO対策に見る発リンク

SEO対策において、重要視されているのは被リンクが有名でありますが、
実は発リンクも一定の効果が期待できることをご存知でしょうか?

発リンクというのはあなたのサイトに掲載しているリンクから閲覧者が他のサイトへ飛ぶということですが、
これもSEOには実は意味を成すことであります。

では具体的にどのように対策をするべきなのかを説明しましょう。
発リンク先としては、あなたのサイトからの関連性を重視すると、
より良い効果が期待できます。
キーワードなどから、関連性を探ると確実です。

すぐに効果が出るというものではありませんが、徐々に被リンクと発リンクの関連が近ければ近いほどより良い効果が現れてきます。

もちろん被リンクは重要ですが、発リンクもチェックしてみると良いですよ。
チェックツールもありますので確認してみてくださいね。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ